アトピー肌の原因とスキンケア

アトピー肌、アトピー性皮膚炎は、湿疹が身体のさまざまな場所にできてしまうという皮膚の病気です。アトピー肌の特徴としては皮脂の分泌量が少ないことが挙げられ、これによってお肌が本来持っているバリア機能が低下してしまい、紫外線や乾燥といった外部からの刺激に対してはお肌を守ることができず、再び湿疹や炎症を起こしてしまうという悪循環が問題となります。アトピーに対するスキンケアを的確に行うことは、この悪循環を食い止めるためにとても重要で、悪循環を止められれば症状は緩和することになります。湿疹の発生に伴ってかゆみも発生するのもアトピー肌の特徴で、手でひっかいてしまうと更に悪化することにつながるため、スキンケアをしてかゆみの発生を抑えることも重要となります。

アトピー肌の原因は解明されきってはいませんが、ある程度は分かってきており、遺伝との関連性があることや食生活の乱れ、睡眠時間やライフスタイルとの関連性、またダニやハウスダストといった身辺の環境も関係しているとされています。衣擦れによって発生する外的な刺激についても原因であるとされているなど、さまざまなことがアトピー肌の原因とされていますので、あまりに症状が酷い場合には、皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

治療の基本となるのは保湿ケアで、皮膚を保湿することによって、乾燥やかゆみ、湿疹を抑えられることも分かってきています。当サイトではどのようにアトピー肌のケアを行っていけば良いのかについて紹介していきます。